熊本のオーダーカーテン専門店のインテリア ドウェル(DWELL)です。女性ならではのきめ細かい提案が特徴です。新築、リフォーム、マンションに素敵な壁紙クロスをコーディネート
ホーム 壁紙 クロス
商品一覧
壁紙 クロス
商品並び替え:


ご自宅(マンション)の壁紙はどんな壁紙を使われていますか。白を中心とした無地やシンプルなデザインの壁紙が多い日本の住宅ですが、海外の住宅では、色や柄のついた壁紙を使って素敵にインテリアコーディネートをしているのを目にします。

エリティス の 壁紙(ウォールペーパー)

エリティスは、フランスらしい鮮やかな発色、独創性に溢れる革新的デザイン



最近は、インテリア雑誌や、ファッション雑誌でもお洒落な壁紙を上手に使ってコーディネートした空間をよく見かけるようになりました。

壁紙 クロス OSBORNE&LITTLE


でも、「色や柄の壁紙に挑戦してみたいけど、実際に使うのはちょっと・・・」と思いの方もいらっしゃるのでは。そんな方にお薦めの壁紙の使い方をご紹介します。


壁の一部使いでアクセントに

色や柄のある壁紙を使ってみたいけど、使い方が難しいと感じられる方には、壁面に貼るボリュームを絞って使う、明度の高い色や白をベースとした柄の壁紙を使うといった方法ならば抵抗も少なく取り入れられるのではないでしょうか。

壁紙 クロス Nina Campbell


部屋全体に貼るのではなく、アクセントウォールとして壁の一部分に貼る方法です。部屋の一部分に色や柄のはっきりとした壁紙を使うことで、その壁面に視線を集めて、部屋のイメージを高める効果を発揮します。

壁紙 クロス Sanderson


アクセントウォールとして壁紙を貼るには、なるべく、窓やドアなどの開口部が少ない壁面を利用するのが効果的です。玄関の正面や廊下の突き当り、リビングに入っての正面、ベッドルームの枕側といった壁面をアクセントウォールとするいいでしょう。この手法ならば、リフォームするにしても一面だけを貼り替えるだけでぐっとイメージが変わるので、お手頃な方法とも言えます。



デザイン性が高まり、近年最も注目を集めている壁紙。

今では、インテリアの中でなくてはならない素材のひとつです。





壁紙 マナテックス エリティス ドウェル



デザイン性の優れた上質な壁紙をクリエイトしたいという思いから創設者パトリス・マロード・ドゥ・グロット氏によって1988年に設立されたブランド「エリティス」。

フランスらしい鮮やかな発色、独創性に溢れる革新的デザイン、最新の
テクニックを駆使した商材は、商業空間・住宅など幅広い物件で注目されています。


壁紙 マナテックス エリティス ドウェル




壁紙 マナテックス オズボーン&リトル ドウェル



オズボーン&リトルは、創設者サー ・ピーター ・オズボーンとアントニー・リトルが1968年ロンドンのチェルシーに小さなショールームをオープンしたことからはじまりました。

2人の最初のコレクションである精巧なハンドプリント壁紙は、当時のアワードを受賞。創造性豊かな壁紙デザインが成功したことにより、その後のオズボーン&リトルの商材も、常にクリエイティブな方向性へと表現の源を持ちつづけています。


壁紙 マナテックス オズボーン&リトル ドウェル




壁紙 マナテックス ニナ・キャンベル ドウェル



オズボーン&リトルから壁紙のコレクションを発表するニナ・キャンベルは、英国テイストを体現するインテリア・デザイナーとして世界に知られています。

ロンドンのサボイ・ホテル、ル・パルク・ヴォクトル・ユゴーやホテル・ド・ヴィニーといったパリの中心にある2つのラグジュアリー・ホテルデザインでも高い評価を得ており、ニナ流の優しいイメージの壁紙デザインは、生地とのコーディネーションにより美しい世界を作り出します。


壁紙 マナテックス ニナ・キャンベル ドウェル




壁紙 マナテックス ロルカ ドウェル



パリにデザインオフィスのあるロルカは、自然のもつカラーを大切にし、クラシカルでロマンチックな南のイメージとともに、優しくフェミニンなデザインを届けてくれます。


壁紙 マナテックス ロルカ ドウェル




壁紙 マナテックス サンダーソン ドウェル



1860年、産業革命の只中にアーサー・サンダーソンは、フランスの高級壁紙の輸入事業を始め、サンダーソン社を創設。

その後1870年代に壁紙のハンドプリントや機械生産で事業を拡大してきました。

「サンダーソン社のデザインとカラーリングの完璧な再現技術は市場からの芸術的かつ様々なテーストへの要求を呼び覚ますものであり、その後多くの追随者が現れたがサンダーソン社の先駆者としての評価は世々に至るまで色褪せない」とSanderson社の名声は知れ渡りました。

ボタニカルの花柄ファブリックと同柄の壁紙は部屋に彩りを与え、ストライプや小花などのシンプルなデザインは、花柄のファブリックを一層引立たせる効果を持っています。


壁紙 マナテックス サンダーソン ドウェル




壁紙 マナテックス モリス ドウェル



最初の壁紙は1864年、30歳のモリスがデザインした『トレリス』。1861年に、モリス・マーシャル・フォークナー商会を設立して以来、ステンドグラスやタイルなどの製作が多かったが、これを機に壁紙製作が始まりました。

当時、モリス商会は壁紙製作を壁紙工場Jeffrey社に委託していたが、モリス没後、同社はサンダーソン社に吸収合併されてしまいます。

Jeffrey社はモリスのイメージ通りに製品の仕上げを行う為に野菜から抽出した染料を使っておりました。

モリス死後も原画・木版も同社が所有継続しており、サンダーソン社はこのコレクションを1950年代に蘇らせ、機械式の木版風のサーフェイスプリントにて再現し製品化を進めました。

145年にわたる歴史の中で生産、収集された10,000点に及ぶコレクションは、サンダーソン社アーカイブに収録され、今もモリスのイメージを忠実に再現しています。


壁紙 マナテックス モリス ドウェル




壁紙 マナテックス ハーレクイン ドウェル



ハーレクイン社は1960年に創立。当初はヨーロッパからの織物壁紙の輸入を中心としておりました。

70年代に入り、イギリスの工場と組み、紙やビニール壁紙を扱い始め、事業を拡大。

現在は、イギリスのレスターシャーに本社、ロンドンのチェルシーハーバーデザインセンターにショールームを開設しました。

現在では、年に2回、トレンド性をふまえた、革新的でエキサイティングなコレクションを打ち出し、イギリスだけでなく全世界で販売し、成功を収めております。

また、2年に一度ゲストデザイナーによる夢のある楽しいキッズコレクションも発表しています。


壁紙 マナテックス ハーレクイン


尚、熊本 オーダーカーテンのインテリア専門店 ドウェルでは、壁紙・クロスの提案も行っておりますのでお気軽に相談して下さい。




ご予算に応じた提案・相談をご希望の方は
必ず、島田までご連絡お願い致します。
※指名がない場合は、他のスタッフが担当します。

ドウェル Dwell
 TEL:096-214-3175[担当:島田]
 AM10:00〜PM6:00 水曜休

>> 「お問い合わせ」はこちら
登録アイテム数: 0件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス